合同会社

持分会社といわれる会社の形態があります。合名会社や合資会社がそうです。持分会社の定款は公証人の認証を受けなくても登記できますので、設立コストを押さえることができます。電子定款にすることで、更に節約することができます。 会社法の施行により、合同会社という形態が加わりました。合名会社や合資会社には無限責任社員が必要でしたが、合同会社の社員は全員が有限責任社員だというメリットがあります。出資した範囲でのみ責任を負うことになります。 合同会社を設立する前に、知っておいて頂きたいことがあります。一つは、会社を代表する役員は「代表社員」となりますので、「代表取締役」という肩書を使いたい場合はお勧めできません。また、基本的に社員の総意によって運営するので株式会社と異なる点が多々あります。

戻る